使っていたアニアリのカバンがくたびれたので何か良い物はないかと探したところ、Herzとか土屋鞄とかが候補として挙がってきました。

一番欲しいと思ったのはHerzなんですけど、完全受注生産で5週間ほど時間がかかってしまうので今回は諦め。土屋鞄はちょっとお値段が。。。Dakotaは私にはお洒落過ぎるし、The British Bagの欲しいと思ったやつは仕事で使う上ではちょっとラフなイメージが過ぎると相成って、Moral Code(モラルコード)を選択した次第。

Moral Code(モラルコード)というブランドは今回初めて知ったので、どんなものか不安もあったけどデザインと値段に惹かれて購入に至りました。

というわけで今回手に入れたのはこちら。

ビジネスレザートートバッグ メンズ CROSBYクロスビー ブラウン(税込21,780円)

→Moral Code クロスビー ブラウンを見に行く

ルックス

非常にシンプルな作りできれいです。素材は牛革が使用されていて、ライニングはマイクロファイバー。

外側にポケットがガチャガチャついた多機能バッグも好きですが、ビジネスバッグとしてはシンプルなほうが良い。その点このMoral Code(モラルコード)のクロスビーは満点です。

収納力

では収納はどうなの。カバンの機能はモノを入れて運ぶことができることが第一義ではあるものの、単に入れることができるだけでは物足りません。カバンの中でモノがごっちゃごちゃになってはスマートではありまへんからね。

サイズ実寸(cm):15″L x 5″W x 11″H(横幅38.1cm x 奥行12.7cm x高さ 27.9cm)

中はこんな感じ。インナージッパー付きの収納ポケット、ノートパソコン収納ポケット仕切りもあってすっきり収納できそう。

試しに『ノートパソコン、A4ファイル、筆箱、財布、スマホ、大きめのモバイルバッテリー、ペットボトル』をいれてみました。

ノートパソコンのACアダプタを入れるの忘れてたけど、まだ余裕があるので全然問題なく収納できる!まだ折りたたみの傘なんかも入れることができそうです。
スマホを入れてるポケットの隣にはペンポケットがあり、更にその隣にはカード入れが用意されています。

このクロスビーには上面を閉めるチャックはなく、フックで止めるようになっているのがレトロな感じがして素敵です。

Moral Code(モラルコード)のクロスビー。総じて満足です。茶色が好きということもあるけれど色合いも革の風合いが感じられるし、経年変化も楽しめそう。
収納力も余裕があって問題ないし、グリップもしっかりしていてある程度重たくなっても充分耐えそうです。

→Moral Code クロスビー ブラウンを見に行く

さて、いかただったでしょうかというか実は、

もう一個買ってしまっていたのでした。。。

ビジネスレザートートバッグ FLORIDA フロリダ ブラック(税込23,980円)

こちらもビジネストートバッグですが、色が黒だけによりビジネス感があります。上面はファスナーが付いているため閉めることができるので、転んだ時に中身をぶちまけることを防ぐことができます。めったにないやろけど。

写真ではわかりにくいですが、カバン内は仕切りによって3つに分けられていて、メインはファスナーが付いてる真ん中の部分。その両サイドにもモノが入れられるようになっています。加えて、内側の片面にはメッシュポケット、反対側にはファスナー付きポケットがあります。さらに外側の両サイドにもポッケがついていて、クロスビーでは一緒に入れるしか選択肢はなかった傘とかペットボトルを分けて運ぶこともできます。

また、取っ手は長さが調整できるようになっているので肩にかけて使うときに便利。
形状はクロスビーの方が好きなんですけど、あっちは肩にかけるのはちょっときつい。

→Moral Code フロリダ ブラックを見に行く

Moral Code(モラルコード)のHPでクロスビーにすべきか、フロリダにすべきかさんざ悩んだ挙句、両方に手を出してしまいました。結果、機能美にあふれた結構なものを使うことができて喜んでおります。

手ごろな価格でビジネスバッグをお探しの方は是非モラルコードを試してみてください!

ちなみに、カバンが届いた翌日に、味をしめた私は靴も買ってしまったのでした。
そちらはまた次回レビューします。最後までお読みいただきありがとうございました。

【MORAL CODE】のHPはコチラ

大人カジュアル系ランキング

7 thoughts on “Moral Code(モラルコード)を購入してみたのでレビューしてみる”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です