株式会社林五のプライベートブランド『ファイブウッズ』の評判は!?どんなバッグがあるのかチェック!

 1853年にペリーがやってきてから1867年の大政奉還までわずか14年。その大政奉還からわずか27年後の1894年に清と戦争、1904年にはロシアに勝利する。そんな明治の半ばに林大策という人が始めたのが林大策商店で、今の株式会社林五である。らしい。激動の時代に生まれ、実に130年に及ぶ歴史を持つ林五。もうそれだけですごい。

FIVE WOODS

. 株式会社林五って何屋さんかと言うと革かばん屋さん。自社名を英語にした?プライベートブランドがFIVE WOODS(ファイブウッズ)です。FIVE WOODS(ファイブウッズ)は素材、デザイン、縫製などの生産工程すべてを国内で行いmade in Japanにこだわっているブランドで、その品質の高さには定評があります。 ※財布などの小物は外国の革を使っている。

 この林五さんはFIVE WOODS(ファイブウッズ)の他に、Skubera 9981、ZONALe、DSPTCH、DATUM、HAYASHIGO TABIなど6ブランドを展開しており、カバンから財布やキーケースなど様々な革アイテムを用意してはります。

FIVE WOODS(ファイブウッズ) FIVE WOODS(ファイブウッズ)

ダレスバッグとは?ダレスって何なのよ。

Japan Master Made

 兵庫県は姫路で鞣した革を大阪の職人が整え、裁断、縫製を行ってカバンを作るという完全日本製にこだわっているあたりに提供者としての誇りを感じます。Herzもそうやし、カドヤのHEAD FACTORYもそうやけど、職人が手作業で作るってもうそれだけですごく価値があるとおもふ。工場の機械生産が悪いわけじゃないですが、ただ、モノ作りの原点は人の手にあって、人の手によって作り出されたモノは単なる商品ではなく製品もっというと工芸品、更に言うと芸術品なのではなかろうかと思うわけです。
 価格帯は30,000円~50,000円くらいからで、日本製ということもあって安くはないものの生産工程とその物の質を考えればリーズナブルと言って良いでしょう。ワンランク上のカバンを探している人は要チェックです。

TED’S

 FIVE WOODS(ファイブウッズ)のカバンの中でもひと際目を引くのがブリーフケースやダレスバッグが用意されているTED’Sシリーズ。堅く締まったヌメ革と、ベロアとの組み合わせが特徴的で、上品で都会的な雰囲気があります。大きく、重たく見えがちなダレスバッグもシャープに仕上げられており、ごく普通のビジネスバッグとして活用することもできそう。また、背負えるダレスバッグなんかもあって面白いラインナップになっています。

ダレスバッグ L【TED’S】39023 ¥53,900 (税込)

 TED’Sのダレスバッグのなかで最も大きなサイズ。幅43cm、高さ31cm、マチ14cmと大容量でB4ファイルもらくらく収納可能なモデルです。持ち運ぶものが多い人にオススメ。

five woods(ファイブウッズ)ダレスバッグ L【TED'S】 five woods(ファイブウッズ)ダレスバッグ L【TED'S】

ダレスバッグ M【TED’S】39022 ¥46,200 (税込)

 こちらはMサイズのダレスバッグ。幅40cm、高さ29.5cm、マチ7cmとなっており、Lサイズと比べると幅と高さは大きく違わないものの、マチが半分になっています。7cmくらいだとごく普通のブリーフケースなどと同じようなサイズ感なので、今までブリーフケースを使っていたという方も違和感なく使用できるのではないでしょうか。A4サイズの書類やパソコン、財布などビジネスに必要な物を問題なく収納できます。

five woods(ファイブウッズ)ダレスバッグ M【TED'S】 five woods(ファイブウッズ)ダレスバッグ M【TED'S】

バックパックダレス【TED’S】39024 ¥53,900 (税込)

 これもA4サイズを収納できるMサイズですが、面白いのは縦型にデザインされていること。なぜ縦長なのかと言うと、実はバックパックとして使えるようになっているから!ダレスバックスタイルでバックパックタイプというのは面白いですね。リュックタイプのビジネスバッグも今や市民権を得ていますが、どうしてもカジュアルな雰囲気が出てしまうもの。これならよりフォーマルなイメージで使えそうです。

five woods(ファイブウッズ)バックパックダレス【TED'S】 five woods(ファイブウッズ)バックパックダレス【TED'S】

ダレスバッグ S【TED’S】39021 ¥42,900 (税込)

 そしてSサイズです。幅31cm、高さ21cm、マチ6.5cmというサイズでB5ファイルを収納可能。フォーマル感の強いダレスバッグが小型化されただけなのに何故かミスマッチなはずの可愛さがにじみ出ています。サイズ的に仕事向けには使いにくいかもしれませんが、ポシェットやショルダーバッグ的な使い方ができるかも。そういう意味では女性におすすめできます。

five woods(ファイブウッズ)ダレスバッグ S【TED'S】 five woods(ファイブウッズ)ダレスバッグ S【TED'S】

ラウンドブリーフケース【TED’S】39025 ¥38,500 (税込)

 TED’Sシリーズの最後を飾るのはブリーフケースです。幅40cm、高さ30.5cm、マチ8cmのA4サイズで、ダレスバッグのMとほぼ同じくらい。両サイドの一番下までファスナーで開閉できるようになっており、口を大きく開けることができます。表、裏の革は比較的厚みがありボクシーなイメージで、型崩れもある程度は防げそう。

five woods(ファイブウッズ)ラウンドブリーフケース【TED'S】 five woods(ファイブウッズ)ラウンドブリーフケース【TED'S】

five woods(ファイブウッズ) five woods(ファイブウッズ)

GRAIN

 FIVE WOODS(ファイブウッズ)のもう一つのビジネスシリーズがGRAINです。TED’Sはヌメ革をメインにしていますが、GRAINはシュリンクレザーで作られているシリーズです。独特のシボがあり、キズが目立ちにくいのである意味でラフに扱うこともできます。しっかり自立するよう設計されているのも嬉しいポイントです。

ビジネス バックパック Wタイプ【GRAIN】39093 ¥40,700 (税込)

 いわゆるリュックタイプのビジネスバッグ。幅29cm、高さ42cm、マチ11cmの縦型A4サイズで、十分な収納力があります。持ち手を変えれば横向きにも対応可能。15インチのノートPCを入れることができるウレタン仕様の収納や、ファスナーポケット、小分けポケット4つなどを装備しており、機能美追求したモデルです。

five woods(ファイブウッズ)ビジネス バックパック Wタイプ【GRAIN】 five woods(ファイブウッズ)ビジネス バックパック Wタイプ【GRAIN】

ビジネス バックパック Sタイプ【GRAIN】39092 ¥35,200 (税込)

 Wタイプよりもやや薄めにデザインされたモデル。幅29cm、高さ42cmはWタイプと同じですが、マチが9cmになっています。

five woods(ファイブウッズ)ビジネス バックパック Sタイプ【GRAIN】 five woods(ファイブウッズ)ビジネス バックパック Sタイプ【GRAIN】

A4 バックパック【GRAIN】39094 ¥30,800 (税込)

 さらに小型化されたバックパックモデル。幅26cm、高さ37cm、マチ8cmとなっています。A4ファイルがジャストで入るサイズ。大きな荷物を持ち運びたくない人向け。

five woods(ファイブウッズ)A4 バックパック【GRAIN】 five woods(ファイブウッズ)A4 バックパック【GRAIN】

ビジネストート【GRAIN】39095 ¥35,200 (税込)

 GRAINシリーズではトートバッグも用意されています。幅38cm、高さ31cm、マチ12cmというサイズでA4サイズのものも簡単に収納できます。トートバッグのいいところはとにかく物を入れられるところ。ダレスバッグやブリーフケースだと見た目を気にしてしまって型崩れしないように詰め込むことをためらいますが、その点トートバッグはもともとの形状がそんなにソリッドではないので仮に膨らんでしまっても気になりません。お弁当や水筒、着替えなんかも運ぶならトートを選択するのが吉。

five woods(ファイブウッズ)ビジネストート【GRAIN】 five woods(ファイブウッズ)ビジネストート【GRAIN】

2WAYブリーフ【GRAIN】39096 ¥38,500 (税込)

 幅40cm、高さ29cm、マチ8.5cmサイズのシンプルなブリーフケースです。ショルダーバッグとして使うことができるのザ・ビジネスバッグと言えるでしょう。オーソドックスでシンプルな作りは所有欲を満たすことはないかもしれませんが、奇をてらうことなくまた気取る必要もなく使えるので実質的には一押しかもしれません。カッコイイのが欲しいのだっという方にはTED’Sを見て下さい。

five woods(ファイブウッズ)2WAYブリーフ【GRAIN】 five woods(ファイブウッズ)2WAYブリーフ【GRAIN】

  これ以外にも雨に強いSapphireシリーズや、よりカジュアル指向のPlateauシリーズなど多数のシリーズ、商品がラインナップされているので一度オンラインストアを覗いてみてください。林五と同じく国産にこだわっている青木鞄もオススメです。いずれにしても質は確かですが、価格が若干高めになってしまうのは仕方のないところ。国産じゃなくてもいいならMoral Code(モラルコード)をオススメします。

five woods(ファイブウッズ) five woods(ファイブウッズ)

青木鞄が送り出すLugardのバッグをレビュー!日本製、本革の実力をチェック!!!
Moral Code(モラルコード)を購入してみたのでレビューしてみる-クロスビー、フロリダの評価はいかに-


人気ブログランキング

 

3件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です