1853年にペリーがやってきてから1867年の大政奉還までわずか14年。その大政奉還からわずか27年後の1894年に清と戦争、1904年にはロシアに勝利する。そんな明治の半ばに林大策という人が始めたのが林大策商店で、今の株式会社林五である。らしい。激動の時代に生まれ、実に130年の歴史を持つ林五。もうそれだけですごい。

. 株式会社林五って何屋さんかと言うと革かばん屋さん。以前これええやん言うてブログにも書いたカバンをこさえてはる会社です。

 この林五さんはFIVE WOOD、Skubera 9981、ZONALe、DSPTCH、DATUM、HAYASHIGO TABIなど6ブランドを展開されてまして、その前に書いたというカバンはFIVE WOODS(ファイブウッズ)のものでした。

ダレスバッグとは?ダレスって何なのよ。

 FIVE WOODS(ファイブウッズ)の製品は兵庫県は姫路で革が鞣されて、それが大阪の職人の手によってカバンに形作られるという完全日本製。信頼のメイドインジャパンです。ダレスバッグなんかはほぼすべての工程を手作業で進めるそうです。

 Herzもそうやし、カドヤのHEAD FACTORYもそうやけど、職人が手作業で作るってもうそれだけですごく価値があるとおもふのです。工場生産が悪いわけじゃない。ただ、モノ作りの原点は人の手にあって、人の手によって作り出されたモノは単なる商品ではなく、製品なのだっー。と興奮する。


人気ブログランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です