Y’2 LEATHER EB-140 ECO HORSE をレビュー!!!

 分け合って、サーバーの引っ越しをしたところ何やら分けの解らぬことになって右往左往しておりました。インターネットだこんぴーたーだとはしゃいでおりますが、車なんかと同じで乗る分にはいいけれど、壊れたお手上げみたいなことではどうにも困るのでやはし仕組みの基本くらいは押さえておきたいものであると痛感した一週間でした。

閑話休題。

実は以前から興味があったのですが、先日ついに手に入れてしまいました前から気になっていたスーパーな革ジャンを!ここんところライダースばっかりやったのですが、今回はGジャンタイプです。こちら

Y’2 Leather EB-140

Gジャンの1st タイプを元に極厚のホースハイドを使用したY’2 LeatherのEB-140です。Gジャンタイプと言えばHIGH LARGE LEATHERSとか、FINE CREEK LEATHERSのが特に人気がありますが、私はY’2 LEATHERのEB-140を推したい。

理由はとにかく革が厚いから。HIGH LARGE LEATHERSやFINE CREEK LEATHERSの製品も分厚いけれどさらにその上を行くのがこちら。数値で示すならば前者は1.2mm、Y’2 LEATHERのこれは驚きの2.0mm!!!もはや防具、鎧です。

はっきり言って分厚けりゃ良いってもんではありません。FINE CREEKは薄くてもだめ、暑すぎてもだめの試行錯誤を繰り返して1.2mmが最適と導き出したらしいからして着安さは間違いなくそっちに分がある。実際、このECO HORSE EB-140は革が分厚過ぎて腕を曲げるのも一苦労で、かなりストレスがかかります。電話するために肘曲げると痛いくらい。

しかし、そんなことは問題ではないのです。私は低燃費のエコカーよりも燃費極悪ハイパワーカーが好きだ。バイクだって50ccの原付でほぼ同様の仕事ができるにしても1400ccとかばかげた排気量のエンジンを積んだビッグバイクが好きだ。例えその性能の100分の1しか使えなかったとしてもそっちのほうが良いんだから仕方がない。というような理由で、最適解の1.2mmではなく、なんぼものもんじゃいと言うつもりかどうかは知らんけど2.0mmというド級製品を生み出したY’2 LEATHERに賛辞を贈りつつ、EB-140に軍配を挙げたのです。

そして実際これは洒落じゃなかった。ボタンをはめるのも一苦労だし、手を曲げるのも痛みを伴う。時間をかけて育てることを覚悟しなければいけないことを再確認しつつ、可能な限り着用して一日も早く私だけの一着になるようにしていきたいと思ふのでした。

《関連記事》
Y’2 LEATHER×WAIPER=特別なGジャンタイプのレザージャケット
Y’2 LEATHERの1st GジャンタイプECO HORSE EB-140の経年変化をチェック!!!ー1カ月‐
Y’2 LEATHERの1st GジャンタイプECO HORSE EB-140の経年変化をチェック!!!ー2カ月‐
Y’2 LEATHERの1st GジャンタイプECO HORSE EB-140の経年変化をチェック!!!ー3カ月‐
Y’2 LEATHERの1st GジャンタイプECO HORSE EB-140の経年変化をチェック!!!ー7カ月‐

人気ブログランキング

5件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です