close up photo of reticulated python

 革ジャンと言えば牛革ばっかりだったのが、いつからか馬革もだいぶ増えました。しなやかな着心地を実現するシープスキンも有名。ちょっと変わったところだとバッファロー革、豚革、像革なんてのもありますね。

 本日はそんな様々な革製品がある中で、他の革とはあきらかに一線を画すレプタイルズ、そしてシークリーチャーの革製品をチェックしていこうと思います。皮革の宝石とも呼ばれるクロコダイル、見るだけで悲鳴を上げると言うのになぜ持てるのか謎のヘビ革、こんなにブツブツゴツゴツしてるんですねなんか以外なエイ革など。人類は何でも使ってしまうのです。すごい。

ワニ革

 ではまずはワニ革です。日本でワニ革と言えばクロコダイルのことを指すことが多く、特に腹側(腹ワニと呼ばれる)の柔らかく左右対称の模様が現れる部位を使った財布やカバンはとてもエレガントで上品なイメージを持っています。逆の堅く隆起したこぶが目立つ背中側(背ワニ)はとてもワイルドなイメージで使い勝手はよくないものの、バイカーなど一部のワイルドな連中に好まれます。腹側の方が明らかに値が高いですが、その希少性から背中側の製品も決して安くはありません。

ワニの種類

 ワニ革=クロコダイルのイメージが強いですが、クロコダイルの他にアリゲーター、カイマンの革もあります。加工された製品からどの革が使われているのかを判別するのは簡単ではありません。クロコダイルのみ腹で熱を感知する穿孔(せんこう)という器官があり、これが腹側の四角のウロコ(竹斑(たけふ))の真ん中あたりに小さな点として見ることができ、一つの判断基準にはなりますが、加工の具合によっては判別は困難なこともあるので素材が気になるならタグを見るか、店員さんに確かめた方が確実です。

 傾向としては腹ワニはソフト、背ワニはハード。
カイマンはクロコよりも硬め。というのもありますが、これも鞣し方で変わるので一概には言えません。

サイズ

 大きいものだとクロコダイル7m、アリゲーター6mくらいになりますが、製品として好まれるのは胴体部分になるのであまり大型の製品には向いていません。カイマンも大きくなれば6mを超えるそうですが、乱獲のためそんな大きな個体は見られなくなったらしい。

 ジャケットなどもないではないですが、やはりメインはバッグや財布、ベルトなどに使われることが多いです。

特徴

 何と言ってもそのウロコによる強烈なビジュアルが特徴でしょう。四角いウロコ(竹斑)が左右対称に並ぶ腹ワニの中央部分を使ったバッグや財布は非常に美しく、最高級の革と言われるのもうなずけます。

 イメージはまるで逆になりますが背ワニを使った製品はとても力強く、ワイルドな雰囲気を持っています。実用性を考えるとちょっとあれですが、背中一面に背ワニをあしらった武骨で男気溢れるレザージャケットなどもあったりします。

東京クロコダイル スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ドミナンテ

 さて、それでは社名にクロコダイルの名を冠した東京クロコダイルさんの財布ドミナンテを見てみましょう。スモールクロコダイルの腹の中央部分を贅沢に使用したゴージャスな財布です。ゴールドパーツとの相性もよく、高級感がの演出も素晴らしいですが、そもそも使用されている部位が部位だけにそれだけで”感”ではなく、高級であることに間違いはなく、一目でヤバイ一品であることがわかります。

東京クロコダイル-スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ドミナンテ
東京クロコダイル-スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ドミナンテを見に行く!
東京クロコダイル-スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ドミナンテ

スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ルフレ

 こちらも東京クロコダイルさんの財布、ルフレです。上のドミナンテと比べると左右対称性はやや劣るかもしれませんが、大きめの竹斑がワニ革であることを主張しています。個人的にはワニ=大きいというイメージがあるので竹斑も大きめの方がそれっぽいような気がしてしまいます。

 またルフレはカラーバリエーションが豊富で実に13色が用意されています。お値段もドミナンテの1/3程度なのでワニ革入門としてはうってつけ。プレゼントにもピッタリかも。

東京クロコダイル-スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ルフレ
東京クロコダイル-スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ルフレを見に行く!
東京クロコダイル-スモールクロコダイルシャイニングラウンド長財布ルフレ

リザードマン

 さて、次はトカゲです。ワニよりも小型ではあるものの、ミズオオトカゲは2m50cmにもなるとか。またイグアナの革も使われるそうです。ワニよりもきめ細かなウロコが特徴的で、同じ爬虫類系でもワニとは違う独特の風合いを醸しだします。

リザードマットラウンド長財布

東京クロコダイル-リザードマットラウンド長財布
東京クロコダイル-リザードマットラウンド長財布を見に行く!
東京クロコダイル-リザードマットラウンド長財布

スネーク

 目玉はクルクルで案外かわいらしい顔をしているけれども嫌われ者のヘビです。彼らのサイズも様々で小さい者から大きい者までいらっしゃいますが、パイソンが代表です。そのウロコが幾何学模様のように並ぶ美しさもありますが、プリントでは出せないまだら模様もまた魅力の一つです。

ダイヤモンドパイソン無双長財布ジパング

東京クロコダイル-ダイヤモンドパイソン無双長財布ジパング
東京クロコダイル-ダイヤモンドパイソン無双長財布ジパングを見に行く!
東京クロコダイル-ダイヤモンドパイソン無双長財布ジパング

 というわけで、エキゾチックレザーなんて呼ばれる爬虫類系の革製品を見てきました。最高級のワニ革製品は目が飛び出るほど高額ですが、部位にこだわらない、あるいはリザードやスネークも視野に入れると牛革財布と同じような価格帯で選択することも可能です。

 高級品であり人の目に魅力的に映るのは間違いないですが、万人向けかと言うとそうとは言えないのがエキゾチックレザーです。人とは違う選択が好きなら考慮に入れてもいいのではないでしょうか。東京クロコダイルでは他にもワニ革製品がたくさん並んでいるので是非チェックしてみて下さい。!

東京クロコダイル 東京クロコダイル


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です