HERZのバッグの何が凄いのか!?渋谷の本店に行ってみた!

HERZのバッグ

 HERZ。それはハンドメイドにこだわる職人の集団で構成されたレザーバッグカンパニーである。質の高さには定評があり、私もHERZのHPで物色するなどその製品には以前から興味がありましたが(→メンズ レザーバッグ(ビジネスバッグ)ブランド勝手におすすめ5選!!!)、本日!たまたまですけれど渋谷にいたので本店にお邪魔してみようと思い立ち覗いてきました。そして感動した。

HERZの実店舗(本店)

 インターネット販売もされていますが、やはし実物を見てみたいと思うのは消費者の本音。それなりに価格が高いならなおさらのことです。まずもってHERZのバッグを実物を見ることなしにネットで買ったところで「失敗したー!」とはならないだろうことは予めお伝えしておきます。なぜなら見て確信したからです。

 それはともかく、渋谷駅から約1.2km。歩けない距離じゃないので歩いたら暑かった。バス乗って「青山学院前」で降りるといいと思います。あるいはハチ公バスで「渋谷二丁目」で降りるのもあり。どっちにしても若干あるかんとだめですけどね。

https://goo.gl/maps/ZK37MHM5Kuprkq2Z6

 青山通りを渋谷駅から北西に上って青山学院を超えたらすぐ左に入り、しばらく進むとそこにHERZの本店があります。階段を下りて地下一階に入口に行くわけですが、階段を下るときに正面に壁にぶら下げられたバッグが目に飛び込んできて何やらワクワクします。検温受けて、手を消毒してから入店です。

「アルコールが完全に乾いてから商品に触れるようにしてください」

とののこと。ワカリマシタデスマス。

お店の様子

 レザー関係のお店って雰囲気作りがうまいですよね。カドヤもそうだし、アディクトクローズもそうだった。HERZは同じレザー関係でもカバンがメインなんでカドヤさんとかとは違うかもしれませんが、なにかしら共通する空気感がありました。なんですかしらねあれは。お洒落なんだけど気取ってないというかなんというか。とにかく、ややオレンジがかった白熱灯ライクな照明に照らされて数々のレザーバッグたちがそこに陳列されており、それだけでとてもカッコよかったです。※許可をいただいて撮影してます。

 HERZ本店は工房も兼ねており、作業されているのが店内からも見えます。日本製に嘘偽りなく、まさにメイドインここ!すばらしい。

HERZの凄み

 HPで色々写真は見ていたので何となくカッコよさは分っていたつもりでしたが、実物を目の当たりにしてその凄みに驚きます。縫製がしっかりしているとか、処理がキレイとかそんなことはもはや当たり前でそれよりも何よりも革が分厚い!!!革そのものの主張がモロに押し出されおり、存在感が半端ではありません。もう一度言う。革が分厚い!!!

 着用するレザージャケットと比べてみても始まりませんが、ここまで分厚い板のような革製品を見たことがありません。Y’2レザーのEB-140が分厚いと言ってもここまでじゃない。用途が違うと言えばそれまでですが、そのモノとしての存在感は圧倒的。厚いところだと5mmは超えているんじゃなかろうか。。。

そしてポケットの留め具などが案外大きくて非常にタフで武骨な雰囲気を醸し出しています。

 現在、私はモラルコードのトートバッグを使っており、使い勝手、作りに何の不満もありませんし、コストパフォーマンスの点からも満足していますが、これは比べたらアカンやつ。価格帯も違うし当然ではありますが革の存在感、バッグ自体の迫力、持ち手や留め具の強固さ、堅牢な作りいずれをとっても軍配はHERZにあがります。唯一モラルコードが勝てる点があるとすればコスパ。

 男性向けばかりじゃなくて女性向けの小ぶりなバッグも用意されています。かわいらしさもありながらHERZのバッグであるかっこ良さも同居しているあたりは流石。ある意味で使う人を選ぶかもしれませんけれども。

 店内をぐるぐる巡っては写真をパチコパチコ取らせていただきました。おっと邪魔になっちゃいけねぇと避けて下さった店員さんありがとうございました。邪魔してたのは私の方でございます。快くご対応下さりほんとうにありがとうございました。いずれ買う!!!と心に決めた本日でした。

 皆さんも是非お店に足を運んでHERZのバッグの威力を体感してみて下さい。渋谷には本店の他、イタリアンレザーを使って作成販売をしているOrgan店もありますので行ったらどんなだったか教えて下さい!

 もしも迷っている人がいたら背中をおしましょう。どーん。

HERZのHP


人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です