夏も革ジャン!!!それがバイク乗りの矜持!?-パンチングレザー、メッシュレザー-

KADOYA(カドヤ)モノファイター

 夏い暑がやってきます。バイクに乗らない人たちは言います。「夏にバイク乗る乗って涼しそうでいいですよね」って。血迷ってライダーになってもらいたいので黙して語らず素通りしたいところですが、真実は伝えたほうが良いと思うので敢えて断っておきます。

夏のバイクはなかなかの地獄です。

 照り付ける太陽。アスファルトからの反射熱。エンジンの放射熱、前後左右から廃棄熱。メット内は予想通り熱がこもり、こけたら痛いから長袖長ズボンに場合によってはプロテクターを装備。走っていればある程度は空冷でマシだけれども、渋滞にはまったらもう悲惨。とてもじゃないが革ジャンなんて…。

 時々半そでハーフパンツにサンダルでバイク乗ってるヒトいるけど、暑いのはわかるがコケたら泣くよ。

 それはともかく、そんな頭もクラクラするような暑さの中でもバイク乗り、その中でも特に革が好きな連中はどうにか革を活かすことができないもんかと煩悶するのですからなんというかモノ好きというほかありません。何を隠そう私もそんな一人。厚すぎてすっかりY’2レザーのEB-140に袖を通すことがなくなってしまっているのですが、ベストならイケるのではないかと試してやっぱり暑がったり、荒くれナイトのマネしてカドヤをひっぱりだして3秒で戻したりしています。本当にどうかしているのですが、そんなどうかしている人向けのモノってのはあるもんで、それが一体何かと言うとパンチングレザー、メッシュレザーを使った革ジャンというわけです。

パンチングレザー

 メッシュは分るけどパンチングってなんぞと言うと、早い話が穴が開いた革です。小さな穴がポコポコ開いているので通気性が格段に向上しており、とてもじゃないが革ジャンなんて着てられないあっつい夏でも着用ができるという優れもの!ただ穴が開いているだけじゃなくて、内側も通気性のよい素材や速乾性の素材が使われいて汗をかいても大丈夫な仕様になっている物が多いです。パンチングだからって暑くない訳じゃないけれど、一定程度の涼しさは確保できます。

安全性を高める

 単に涼しさを求めるならば何も穴の開いた革ジャンを着こまなくたってTシャツで乗り回せば良いのですが、改めて申しますとそんなカッコでこけたらもう肘とか膝とかズルズルになってもうバイク乗んのやんぴってなる可能性が大です。教習所でも長袖着て来いと言われたはず。

 そんでは長袖なら大丈夫なのかと言うと、ちょっとましなだけでスピードが出てたらほぼ意味がありません。ではってんで防御力をあげるために厚めの服、つまりレザーを選ぶということになります。しかし、これもやっぱりスピードが出てたらアウト。そんならってんでプロテクターを付けるわけですね。ライダースブランドで販売されているジャケットのほとんどはプロテクターを内蔵できるようになっているので安全度を少しでも上げるためにレザーを選択するのが吉という話です。

Degner(デグナー)メッシュレザージャケット

Degner(デグナー)メッシュレザージャケット
Degner(デグナー)メッシュレザージャケットを見に行く
Degner(デグナー)メッシュレザージャケット

 そんな悩めるライダーの味方デグナーはメッシュジャケットを提供してくれています。皮は牛革のパンチングで、遠目には普通の革ジャンにしか見えません。襟なしなのでより涼やかに見えます。プロテクターも標準装備なので安心感もまとうことができます!それでいてお値段35000円程度なので実に良心的!!!

KADOYA パンチング モノファイター

 そして忘れてはいけないのは革ジャンと言えばKADOYAのカドヤさん。こちらもカウレザーで、ウレタンのパッド入りです。お値段は5万と少々。この他、ダブルタイプや半袖使用のパンチングレザージャケットなどラインナップが豊富なのもうれしいところ。是非堪能してみて。

KADOYA (カドヤ) 【PL MONO FIGHTER】パンチング モノファイター パンチングレザージャケット  (カラー:ブラック)

価格:52,250円
(2021/6/11 23:16時点)

 バイクはわりと「カッコイイ」から入ることが多いと思いますが、一度コケるとその危険性を思い知ることになります。半袖半ヘルで乗ってた昔を思うと震える。完全な安全なんてありませんが、少しでも身体を守ることを意識した服装にしたほうがいいのは間違いない。コケた私が言うのだから間違いありません。

それではみなさん、夏の熱地獄へレッツゴー!!!

livelty addict clothes(アディクトクローズ)
人気ブログランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です