KADOYA ロングウォレット_top

 これまでに色々な革製品メーカー、ブランドを見てきて、その度に「ええやないかええやないか」と心が浮ついたり、また実際に浮いたりしている私ですが、それでもなんでも「革ジャンと言えばKADOYA」の考えに変わりはありません。そう言えば先日、知人の女性がKADOYAのライダースを買ったと言っていたのでいずれ写真でも撮影させていただいて、「KADOYAなど笑止」と鼻にもかけない女性に向けてその魅力を伝える記事でも書こうと思います。

KADOYA は革ジャンだけじゃない!

 それはそうと、本日はKADOYAはKADOYAでも革ジャンではなく革財布をご覧いただこうと思います。KADOYAに限らず革ジャン、ライダースを制作しているメーカーのほとんどはいわゆる革小物も制作していて、その代表ともいうべきアイテムが革財布(レザーウォレット)というわけです。ベルトとか筆箱なんてのもありますが今回は財布です。

経年変化と耐久性

 使い始めてもう7年くらいになると思います。ほとんど使いっぱなしで思い出したときにしかメンテができていないため、あまりキレイな経年変化ではありませんが、それでも一つの味が出ているのではないかと思います。願っているのかもしれません。

 これまた知人の話で恐縮ですが、私より使用年月が長い彼の同じタイプの財布は全体がキレイな濃い飴色に経年変化していて何とも言えない渋さを放っていました。

 財布としては分厚いヌメ革が使われているためかなり厚みがあります。鞣しにもよるのだと思いますが、よれたり、伸びたり、型崩れすることがないのが素晴らしい!!!もっと昔に使っていた何処のか分からない財布には、初めのうちはある程度硬さがあって格好も良かったけれど、使っているうちに随分柔らかくなってしまって形は崩れ、直立させることもできないようなモノもありました。耐久性は本当に長い間使ってみないと分からないことで、しかも長く使えてしまうと、それが当たり前で特に何も感じないことがしばしばです。フトした時に「ええもんはええもんや」と感動するわけですが、この財布もソレです。

服装とのマッチング

 残念ながらスーツ着用の仕事についた結果、現在はもっぱらCOCOMEISTERの財布(→ココマイスターの財布)を使っていますが、休みのときなんかはワザワザこちらに入れ替えて使用したりもしてます。シルバーやレザーのウォレットチェーンとの相性も良く、アメリカンに乗っていたころはコレにシルバーのチェーンを取り付けてズボンの右後ろのポケットに突っ込んでいました。ジーンズであればマッチしますが、さすがにスーツとの相性はよくはないと言わざるを得ませんね。

現行モデル

 現在はこのモデルは生産されておらず、クラウンをモチーフにしたウォレットがラインナップされています。チェーンも付いているのかな?!としたらお得です。

KADOYA カドヤ CROWN ウォレット [K’S PRODUCT]

価格:11,000円
(2021/7/13 18:01時点)

kadoya レザーウォレット

 20年を超えて着用しているBRANDED GARMENTSのライダースもそうですが、しっかりと作られている革製品というのは本当に寿命が長いものと痛感します。長期間使用する中で改めてその”当たり前に存在している”事実に気づいたときに、買ったときのような一過性の喜びとは違う満足を感じることができます。そしてますます愛着がわき、執着し、ゴータマあたりに呆れられるのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です