レザーテーラードジャケットをY’2 Leatherが作ったらこうなる!DJ-22をレビュー!!!

Y'2_LEATHER_dj-22_レザーテーラードジャケット

 Y’2 LEATHERの製品の質は最高!EB-140エコホースを見ればあきらか!

そんな革専門メーカーY’2 LEATHERが仕立て上げたテーラードジャケットとはどんなもんでしょうか。

DEER SKIN 2B JKT 「DJ-22」

 Y’2 LEATHER (ワイツーレザー)ディアスキンテーラードジャケット(DEER SKIN B2 JACKET)【DJ-22】ブラック

価格:174,900円
(2021/11/21 00:58時点)

 控えめに言ってカッコイイ!

テーラードはフォルムが命と言って過言ではありません。特に昨今のデザインは細身のスタイリッシなものが主流。様々なメーカー、ブランドが革素材のテーラードを展開していますがフォルムを優先し、素材は薄い傾向があります。

 が、Y’2 LEATHERの DJ-22 はどうかと言うと、、、分厚いっ!!!それでいてフォルムは野暮ったい感じはなくキレイ!そして厳つさも併せ持っています。

 Y’2 LEATHERと言えば、極厚エコホース仕様のGジャンタイプ革ジャンEB-140のこれでもかと言わんばかりの迫力と、手懐けるのに骨が折れるという厳然とした事実にユーザビリティを無視と言わないまでも、2の次にして第一義に”革にものを言わせる”的な社是でもあるのかと思ってしまうくらいゴリゴリな革専門の会社ですが、このレザーテーラードDJ-22を手にして印象が変わりました。

 ゴリゴリなのはEB-140が特殊なだけで、DJ-22は実に着易く、実用性が高いジャケットでした。それでいて『革』の存在感が薄められるようなことはなく、むしろしっかりガッツリ主張もしています。

 この DJ-22の存在感、重厚感と着用しやすさを並列で実現するために使用されている素材はディアスキン。分厚いのにしなやかでやわらかいのが実に特徴的です。これはまた聞きの話なので正確な内容は分からないのですが、お店の方曰く「奈良の○○産の革を使っていて、まとまった量がいつ確保できるかわからない~」のだとか。必然的に生産量にも限りがでてくるらしいです。

 お値段17万くらいからということで決して安いモノではないですが、実物を見れば一発で納得できるでしょう。それがY’2 LEATHERクオリティ!
テーラードで言えばホースハイド仕様もあるらしいので実はそちらも気になっているところです。

 ライダースなどの革ジャンとは一味も二味も違うテーラード。ちょっとカッコつけて着てみるとちょい悪感が出せますぜ。

《関連記事》
紳士服店がつくるレザージャケットの魅力とは!?テーラード、仕立て屋の矜持を見る!!!
Y’2 LEATHER EB-140 ECO HORSE をレビュー!!!
Y’2 LEATHERの1st GジャンタイプECO HORSE EB-140の経年変化をチェック!!!ー7カ月‐

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です