仕事で使う鞄を探してモラルコードを発見し、ビジネストートバッグを購入した今、新たに鞄を探す必要など微塵もないのにHerzのHPをちょいちょい覗いてみたり、何ぞ他にええもんはないかとブラウジングしているのは何故なのか。人の欲深さにおののきつつ、一方でその尽きることのない探求心こそが未知への扉を開く鍵であると信じ今日もグーグルクロームを開くのでありました。

レザーバッグブランド勝手におすすめ5選
Moral Code(モラルコード)を購入してみたのでレビューしてみる

 モラルコードのトートバッグに不満は一切ありません。荷物ガンガン入るし全くもっていい買い物をしたと思っています。唯一不満と言うか、希望を述べるならばシュッとした感じが欲しいことくらい。シュッって何やねんてスタイリッシュのシュやがな。知らんけど。

 そう。私がビジネスバッグに対する要求は矛盾をはらんでいて、そんなもんどないもしょうがないことは分っている。見た目は薄く、ボディの革は堅くて型崩れしないやつがいい。それでいてノートパソコン、ファイル、財布、携帯、バッテリー、その他もろもろを収納できるやつ。そんなものはないのである。ドラえもんの4次元ポケット的な機能を備えないと実現不可能で、そもそも4次元ポケットがあるなら鞄がいらんわけだから例としても破綻しとる。やはしそげなもんはこの世にはないのだと絶望を噛みしめていたときに目に飛び込んできたのがダレスバッグという鞄でした。

ダレスバッグとは?

 ダレスバッグという名称は確かに聞いたことがあるけれど、いったいどんな鞄を指すのかはてんで分からない。何となく革のカバンでガマ口みたいに開く鞄やろ?といい加減な回答しかできないので調べてみたところ、

開口部が口枠式で大きく開き、側面が山形のフォルムをした比較的容量の大きなバッグ。書類をたくさん持ち歩く職業の方に愛用されています。

Factus HPより

とのこと。ガマ口ではありませんでした。口枠式とはこんなやつ。

ダレスバッグという呼び方は日本だけだそうで、アメリカのダレス特使が愛用していたからそのように呼ぶようになったとか。欧米では医者や弁護士が使うことが多いからドクターズバッグとかロイヤーズバッグと呼ぶそうです。

 ダレスバッグは堅牢に作られていることが多く、自立するし型崩れもしにくい。荷物もいっぱい入る。薄くはないけど8割がた私の要望を満たす鞄と言えるのではなかろうか。

FIVE WOODS ダレスバッグ M【TED’S】

 そして発見したのがFIVE WOODSのダレスバッグ。そんなに分厚く見えないしスタイリッシュのシュッとしている点も素晴らしいとしか言いようがない。

お値段46200円。素敵やんと言いながら何度も見てしまっています。
普通のビジネスバッグも良い。↓

ビジネストートを2つ買ってるからいらんはずなんやけど、やけど。。。
物欲にまみれて今日もゆく。



人気ブログランキング

One thought on “ダレスバッグとは?ダレスって何なのよ。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です