ココマイスター ロンドンブライドル・スプレッドイーグル 1

 アメリカンなバイクを乗り回していたときはKADOYAの財布でまったく問題なく、むしろマッチしていた。しかし、いつの間にか大人と呼ばれるようになり、さらにそう呼ばれるようになってから随分時間が経った今も財布がそのままでいいのかと問われたならば否と答えざるをえない。なんとなればバイクは乗り換えてアメリカンではなくなったし、そもそもバイクに乗っているより電車に揺られて移動することの方が多く、分厚いヌメ革仕様のKADOYAの財布はスーツの内ポケットに入るはずもなく、カバンに入れて持ち運んでいたからである。

 さて、そうなれば財布をいよいよ探さなくてはならないのではないか?そうであるならば、どんなものがよいのか?と探し始めてCOCOMEISTERを(ココマイスター)発見したのでした。上質な革と確かな職人の技術によって生み出される製品の確かさを実際に2年ほど使った私がレビューしようと思います。

cocomeister(ココマイスター) cocomeister(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)

 ココマイスターは高級輸入革素材と日本の職人技とを掛け合わせて芸術品とも呼べる革製品(財布やカバン)を世に送り出している日本のブランドです。非常に上品でスタイリッシュなその製品は多くの人に愛されています。特に財布が有名ですが、ブライドルレザーやコードバンを用いたラウンド長財布のパイオニア的存在であることもその理由の1つでしょう。

マットーネ オーバーザウォレット

 

永年修理保証

 全体的に高額傾向にありますが、素材、技術への対価と考えれば納得できます。ココマイスターの会員サービスであるココクラブに入会すると永年修理保証を受けることができるので長期的仕様を考えれば逆にコストパフォーマンスも高いと言えます。永年修理保証は消耗や過失による破損以外が対象ですが、基本的に無償で行ってくれます。これは製品の質に自信がなければできないことです。

熟練の職人

 なぜそこまで自信があるのか、それはやはり作り手の技術の高さが担保されているからでしょう。ココマイスターは100名を超える職人が在籍しており、それぞれが得意とする分野を担当するシステムを採用しています。縫製職人、革を製品に合わせて厚みを変える職人、金属を加工する職人など専門性を大事にし、同時に歴史ある日本の職人文化を大切にすることで良質な製品を生み出しています。

直営店6店

 ココマイスターは国産ハイブランドとして全国に6店舗を出店しており、いずれもとてもお洒落です。素材が希少で、職人による生産のため製品には数に限るがあるため取り扱いは直営店のみとなっています。実際にその製品を確かめたい方はお店に足を運んでみるのもいいのではないでしょうか。

  • ココマイスター 銀座店
  • ココマイスター 銀座並木通り店
  • ココマイスター 自由が丘店
  • ココマイスター 名古屋栄店
  • ココマイスター 大阪心斎橋店
  • ココマイスター 神戸旧居留地店

ロンドンブライドル・スプレッドイーグル

 外装にはイギリス産ブライドルレザーを、内装にはイタリア産のマットーネを使用した重厚で風格ある正に大人のための長財布です。独特なかすれたようなカラーリングはどこかインダストリアルでダーティな雰囲気があますが、違和感なく高級感と同居しており、上品さと力強さが感じられる魅力ある一品。

 カラーも6色用意されており、好みに合わせることが可能。スマートに使いたいところなのであまり物を詰め込みたくないところですが、収納はカード15枚収納が可能で、札室、小銭入れのファスナーを装備し財布としての機能にも全く問題ありません。 

ココマイスター(長財布)_ロンドンブライドル・スプレッドイーグル
ココマイスター_ロンドンブライドル・スプレッドイーグルを見に行く!
ココマイスター(長財布)_ロンドンブライドル・スプレッドイーグル

ザオークバーク

 上品な中にも武骨さを感じさせるココマイスターの財布の中でも特にゴツゴツした男っぽさが感じられるのがこのザオークバークです。英国の炭鉱の金網、重機をモチーフにしながら、日本の竹細工に通ずる編み込む製法を用いることで繊細で優雅な雰囲気を両立させています。

 財布としてはやや大柄なつくりで、中央にコインポケットを配置し、左右には札室、カードなどを収納するつくりになっており、パスポートやスマートフォンをも格納できるためセカンドバッグ的な使い方もできます。カラーは5色展開で、ブラック、ネイビー、オーク、ブラウンなどオーソドックスなカラーはもちろん渋くてかっこいいですが、ワインレッドも妖しげな雰囲気があってなかなか魅力的です。

ココマイスター(長財布) ザオークバーク
ココマイスター ザオークバークを見に行く!
ココマイスター(長財布) ザオークバーク

ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット

 ココマイスターの財布の中でも特にワイルドな一面が強調されたモデルではないでしょうか。ルックスはやや武骨ですが、イタリア産の最高級オイル度ヌバックはしっとりと手になじむ肌触りが非常に上品でそのギャップを楽しむことができます。また、経年変化が早く表れる特徴があり、使い込むほどに艶が出て独特の味が生み出されます。

ココマイスター 経年変化
ココマイスター 経年変化

 革製品は総じて経年変化によって雰囲気が変わっていきますが、このナポレオンカーフは経年変化を起こしやすい毛項にあり、上記写真のように6カ月で何年も使用したかのような雰囲気が現れるようになっています。

  

ココマイスター(長財布) ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット
ココマイスター ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレットを見に行く!
ココマイスター(長財布) ナポレオンカーフ ヘラクレスウォレット

ゴーストタウン スラッギング

 ココマイスターの財布はどのシリーズもそれぞれ独特の魅力がありますが、ゴーストタウンという寂しげな名前が付けられたこちらの財布もまた妙に妖しい魅力がある一品です。目立つのは外装の銀面に走る模様でシワと呼ぶには荒々しく、もはや凹凸と言って差し支えないレベル。しかしこれもまたココマイスターの不思議なデザイン力によるものですが、荒々しさ、力強さ、武骨さがあるのに野暮ったくなく、洗礼された雰囲気をしっかりまとっています。

 使用されているのは樹木のオークで鞣されたオークバーク。オークで鞣すのは時間がかかるため高価になりがちですが、他のなめし革とは違った風合いが楽しめます。ゴーストタウンには内外装ともにそのオークバークが使用されており、外装はココマイスター独自技術の高温プレスを施すことで印象的な模様を作り出しています。

 

ココマイスター(長財布) ゴーストタウン スラッギング
ココマイスター ゴーストタウン スラッギング を見に行く!
ココマイスター(長財布) ゴーストタウン スラッギング

ギャラクシー ブロードバンド

 ロンドンブライドル、ザオークバーク、ナポレオンカーフ、ゴーストタウンをはじめ、その他のシリーズにはカード入れから、小銭入れ、折りたたみ財布、長財布、大型財布などのタイプがラインナップされています。ここに挙げたギャラクシーの部ブロードバンドはスリムな長財布で、これまでにピックアップしたものより小ぶりです。小銭を入れるところを省いて、札室とカード入れだけの仕様なのでスーツの裏ポケットにもスッキリしまうことができます。

 ギャラクシーの名前からわかるように、このシリーズは天体望遠鏡からのぞいた宇宙をモチーフにデザインされています。外装はワックスドレザー、内装はマティーニレザーが使用されヴィンテージの風合いが感じれられます。マティーニレザーとはマットな質感が特徴の伝統的なバケッタ製法によって鞣された革で着色は薄いので革本来の表情をダイレクトに感じることができます。

ココマイスター(長財布) ギャラクシー ブロードバンド
ココマイスター ギャラクシー ブロードバンドを見に行く!
ココマイスター(長財布) ギャラクシー ブロードバンド

ココマイスター ポンテマットーネ インペリウム

 ザオークバークのように編み込まれたボディが特徴的なポンテマットーネシリーズ長財布、インペリウムを見てみましょう。ザオークバークよりも細かな編み込みが施され、より繊細でエレガントな雰囲気があります。大型サイズなので色んなものを入れることができます。内装は珍しいベルギー産の革が使用されており、ダークブラウンにカラーリングされているため汚れも目立たないようになっています。ポンテではない、マットーネシリーズの財布を持っていますがそっちは内装はナチュラルカラーのヌメ革で小銭入れのところなんかは特に汚れが目立つのですが、ポンテマットーネのシリーズは内装も染色されているので汚れ耐性もあるはず。

ココマイスター(長財布) ポンテマットーネ インペリウム
ポンテマットーネ インペリウムを見に行く!
ココマイスター(長財布) ポンテマットーネ インペリウム cocomeister(ココマイスター) cocomeister(ココマイスター)


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です